ニキビの洗顔のおすすめ

美容

どのような肌にきびが多くなりがちでしょう。

 

にきびができるのは、思春期の少年少女だといいます。

 

青春の印とも見なされるにきびですが、皮膚にできてしまうのは決して気持ちのいいものではありません。

 

にきびができやすいのは、主にホルモンのバランスが大きく関係しています。

 

個人差は大きいですし、お肌のケアが十分でないためににきびができやすい肌の状態になっている人もいます。

 

にきびは作らないことが最善ですが、もしもできてしまっても、刺激しすぎず適切なケアをすることで改善していきます。

 

肌の炎症や化膿が起きにくくし、にきび痕が残らないようにするには、お肌のコンディションを整えてにきびができにくくすることです。

 

肌質が脂性肌だと油脂の分泌が盛んで毛穴が目詰まりしやすく、化膿してにきびになりやすいといわれています。

 

思春期の頃はホルモンのバランスが崩れやすくなることに加えて、新陳代謝も活発になります。

 

肌から分泌される油脂の量が多いことがにきびの原因になります。

 

大人のにきびは、食べ物や日々の精神的ストレスも関係しているようです。

 

にきびになりやすい肌の場合は、スキンケアを毎日きちんと続けることで、肌トラブルを予防し、にきび対策ができます。

 

にきび肌対策の化粧品やスキンケア用品も店頭に並ぶようになりましたので、使ってみてはいかがでしょうか。

 

にきび予防の基礎となるスキンケアが、洗顔です。

 

にきびができないようにするためにも、できたにきびを速やかに治すためにも洗顔は欠かせません。

 

クレンジングを過度にしたり、力を入れて皮膚を摩擦したりすることによって、肌にますます悪影響な場合もあるようです。

 

有効な洗顔方法を知っておくことが、にきびを作らないための大事なポイントなのです。

 

洗顔時に大事なことは、汚れや余計な油分は除去しつつ、皮膚に刺激を与えすぎず、皮膚に必要な水分まで取ってしまわないことです。

 

ぬるま湯で顔を先に少し洗っておきます。

 

あまりにもお湯が熱いと失われてしまうのが皮膚の水分なので、30~34度のお湯を利用するのがおすすめです。

 

汚れの70%は、さっとぬるま湯で顔を洗うだけで除去することが可能です。

 

洗顔料を使う時は、まず手のひらの上でよく泡立てます。

 

きちんと泡立ててゴムまりのような泡を作り、泡だけが顔にさわるような感じで泡を広げます。

 

市販の泡立てネットは、泡がなかなかうまくできない人におすすめです。

 

泡での洗顔が終了したら、丁寧にぬるま湯ですすぎあげます。

 

洗顔終了後は、吸いとりのいいタオルを顔に押し当てるようにして顔の水分をぬぐいます。

 

洗顔を毎日丁寧に行うことを心がけることによって、にきびの予防と早期改善を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました