リバウンドとホメオスタシス

ダイエット

ダイエットがうまくいったように思っても、気を抜いてリバウンドしてしまったという話はよく聞きます。

 

ダイエットをした時には、リバウンド対策をきちんとしておかないと、体重が戻ってしまいかねません。

 

体重は、食事の量や運動量、基礎代謝量などでバランスをとっています。

 

ダイエットでこのバランスを崩れると、体はもとの均衡に戻そうとします。

 

この機能は健康な人なら誰でも働いていますので、ダイエットをしている時にはほぼ確実に発生するものだと考えるべきでしょう。

 

リバウンドが起きてダイエットが失敗してしまうというのは、それでダイエットを中断してしまった場合の話といえます。

 

体重が増えたからといって、一概にリバウンドとは限りません。

 

筋肉がついたのかもしれません。

 

リバウンドは、一時的に減らした体脂肪が再び増加し、体重が増える要因になっているときです。

 

明らかに筋肉がむきむきになっているわけではないなら、筋肉がついた体のほうが脂肪燃焼効率は高く、ダイエットには好都合です。

 

脂肪とくらべると筋肉は重たいので、体重が増えても外見はあまり変わりません。

 

同じ重みの筋肉と脂肪を比べると脂肪のほうがかさが大きいのが、外見が太く見えてしまうものです。

 

体重に意識ばかりを向けていると、体重が上がった、下がったとささいなことに振り回されがちです。

 

ダイエットに関する情報をきちんと持っていれば、体重以外のどんな点を注意すればいいかを知ることができるでしょう。

 

リバウンド対策を講じることで、ダイエットがうまくいきます。

 

ダイエット中に停滞期が発生することやリバウンドが起きることは、人の体ではごく自然なことです。

 

毎日体を動かし、カロリー制限をすることで、体重を減らすことはできます。

 

気をつけるべきことは、このやり方はリバウンドが起きやすいということです。

 

大幅に食事の量を減らしたり、時には一食抜いたり、激しい運動を長時間続けるようなダイエットは体に大きな負荷がかかります。

 

食事を見直す時は健康のために必要な量と栄養素は摂取し、運動は長続きする負担の少ないものにすることが、無理のないダイエットでありリバウンド対策です。

 

人体にはホメオスタシオスという働きが備わっていますので、食事の量が減れば減ったなりに代謝の状態も変化し、結果的にリバウンドの起きやすい体質にシフトします。

 

食事の量を減らしたり、運動をすることで体内で何が発生しているか認識することで、リバウンドの対策もできるようになります。

 

リバウンドを最小限に抑えるには、体重以外の体の変化にも気をつけることが大切です。

 

人の体は、5%以上の体重減少が1カ月で起きると危機的状況と判断し、ホメオスタシオスを1カ月ほど動かします。

 

ホメオスタシオスとはどういった働きなのか認識した上で、自分の体重の変化を見守るダイエットが、リバウンド対策に繋げられるでしょう。

 

健康にいいダイエットを成功させるために、ダイエットと並行してリバウンド対策に力を注ぐようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました