妊娠時の増加体重と骨盤ダイエット

ダイエット

骨盤ダイエットを産後に実践する人が少なくないようです。

 

体を構成する骨格の中でも、骨盤は負荷のかかり具合が大きいと言われています。

 

骨盤の歪みはある日突然起きるのではなく、毎日の癖やポーズの積み重ねで気づくとなっているものです。

 

カバンを肩にかける時はどちらの肩にかけるか決まっている人や、肩紐が片方だけ下がりやすい人は骨格が歪んでいるかもしれません。

 

仰向けに寝てみて姿勢を正しくした時に、足の長さが違っている人は骨盤が歪んでいる証拠なんだそうです。

 

また、子どもを産むことによって、骨盤は開いてしまうことが多いようです。

 

出産によって骨盤が開いたために、代謝が低下して妊娠前の体型に戻らないという人もいます。

 

出産後、体力が戻ってきたら骨盤ダイエットで体型を整えるようにするといいでしょう。

 

近年では、骨盤の歪みを正すための骨盤矯正ベルトを販売しているところあり、ダイエット用品の中でも人気の高い商品として売り上げを伸ばしています。

 

分娩から数週間は産じょく期と呼ばれており、体の具合も本来のものとは異なっています。

 

出産から1カ月程度で、おおよそ出産前のコンディションに戻ったような感覚はありますが、この時にきついダイエットをすると体調を損ねてしまいます。

 

赤ちゃんが生まれてから半年ほどはダイエットは行わず、体力が戻ってから体への負荷が少ない骨盤ダイエットなどが向いています。

 

妊娠中の体重は、極端な増加がないようにすることが大事です。

 

産婦人科の先生に体重を減らすように指摘されてしまった人におすすめのダイエット方法があります。

 

まず、妊娠中はただでさえ脂肪をどんどんつけようとする体の働きがあります。

 

それは大切なお腹の赤ちゃんを守るための体の自然な働きであることを理解しておきましょう。

 

女性ホルモンは、妊娠期に普段と異なるバランスになっているので、体脂肪の増加効率が上がっています。

 

どうしても妊娠している最中にダイエットをするなら、具体的な方法を検討し、体に問題が起きないものにしましょう。

 

体へのストレスが大きいと胎児への悪影響になりますので、何とかして回避する必要があります。

 

妊娠している時に自然にダイエットするには、栄養バランスに気を付けながら、摂取カロリーを制限する方法が適しています。食生活を見直すことが必要であり、まずは野菜を中心にした低カロリーの食事内容に改善します。

 

カロリーの摂取量を減らすためには、揚げ物や炒め物など油を使うメニューは避けましょう。

 

妊娠している時は、間食や夜食を摂りすぎることで体重が増えると言われていますが、不摂生を改めるためにも間食はほどほどにすることです。

 

普段の食事が多すぎたり、少なすぎたりしていないかをよく確認してダイエットをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました