洗顔とクレンジング

美肌のためのスキンケアの第一歩は、正しいクレンジングと洗顔です。

 

念入りなスキンケアをしているのに、お肌がきれいにならない原因は、洗顔やスキンケアのやり方にある場合があります。

 

強くこすったり熱いお湯や冷たい水で洗ったり一日に何度も洗ってはいないでしょうか。

 

美肌になれる洗顔とは、一体、どういう手順で行うものでしょう。

 

顔にある汚れの代表的なものは、空気に乗って漂う花粉やほこりの他、古くなった皮膚がこびりついていたり、分泌された皮脂などがあります。

 

美肌のためには肌を健康に保つことが大事であり、汚れは除去すべきものです。

 

化粧品などの油性の汚れは、クレンジング剤でなければ落とすことは出来ません。

 

洗顔料程度の洗浄力があれば、皮脂汚れや不要になった角質層くらいなら除去可能です。

 

最近では、ダブル洗顔がいらないことを謳っているスキンケア商品も販売されています。

 

美肌を目指して洗顔を行う場合には、どんな汚れに対してどんな洗い方が最も合っているかを知ることです。

 

どうすれば肌に優しく、汚れをきれいに落とせる洗顔ができるかを知りましょう。

 

美肌になるためには、肌に合わないクレンジング剤や皮膚に負担を与える洗顔方法をしないことが大事です。

 

肌が乾燥しやすい人にとっては保湿をすることは非常に重要なことです。

 

保湿力のある肌を維持し、適度な水分を浸透させておくことができれば、美肌ケアの半分は終わっているようなものです。

 

皮膚の保湿をキープするにはどうすればいいでしょう。

 

まず大事なことは、1日に何度も洗顔をしないことです。

 

外部の刺激から肌を守るための油脂成分も、洗顔で失ってしまうことがあります。

 

朝は、わざわざ洗顔料を使わずとも、夜のクレンジングができていれば足ります。

 

洗顔が終了したら、放置せずにすぐに化粧水をつけます。

 

顔の水を取りおわったら化粧水を皮膚に浸透させ、保湿を行います。

 

素早く化粧水をなじませることで、美容液やクリームも浸透しやすくなります。

 

冷たい手のままケアをしないこともポイントです。

 

皮膚表面が冷えると毛穴が閉じて、スキンケア成分が皮膚に入りにくくなってしまいます。

 

手が冷たければ、温めてからスキンケアをすると保湿効果が高まります。

 

質のいい睡眠をきちんととることも肌のためになります。

 

上質な睡眠ができていれば、肌の代謝状況はよくなります。

 

早くに寝れなくても、時間を確保することが優先です。

 

保湿にいいスキンケア用品を選択することもポイントといえます。

 

お肌の潤いを高めることができる化粧水や美容液を用いることで、肌の保湿効果をより高めることが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました