しわの原因と対策

目尻のしわは年を取ると誰でも気になるのです。

 

 

目尻のしわを防止する方法は何かあるのでしょうか。

 

目尻のしわを防止する一番の方法は、目の周りをこすったりして刺激を与えないことだといいます。

 

スキンケアの最中やアイメイクを落とす時にこすってしまいがちですが、用心をしていきましよう。

 

案外刺激になりやすいので、目の周りのケアを行うときには、優しく行うことを心がけましょう。

 

肌の乾燥も目尻のしわの要因になります。

 

肌の乾燥を防ぐためには寝る前にきちんとメイクを落とすことが重要です。

 

落としそこねた化粧があると皮膚を傷めて肌トラブルの原因になります。

 

紫外線も肌の乾燥を招き目尻のしわの原因となるものです。

 

日焼け止めなどで紫外線対策も忘れないようにしましょう。

 

紫外線対策は夏だけではなく1年を通して行うことが大切です。

 

目の下や目尻にくぼみやクマができることもあるかもしれません。

 

クマやくぼみを放置しておくと目尻のしわが深くなります。

 

目尻の筋肉が弱ってきていることが原因なので、すぐ対応策をとりましょう。

 

パソコンやテレビの観すぎで目が疲れたと思ったら1分ほど目をつぶったり、目の周りを軽くマッサージして筋肉をほぐすようにしましょう。

 

目尻や眉毛にあるツボを刺激することで目尻のしわを防ぐ方法もあります。

 

今はまだ目尻にしわはできていないという人でも、年を取ってから始めるより、今から着手した方がいいと言われています。

 

 

大抵の人は、年をとっても老けた顔にはなりたくないと考えています。

 

年とともにある程度は老化するものですが、若返り効果がるフェイシャルケアも色々とあります。

 

マッサージを施すことで、若返り効果を目指すという人もいます。

 

もちろん、十分な栄養なども必要ですが、血行を良くするならばマッサージが有効です。

 

年をとればとったなりに、顔の老化は進みます。

 

しかし、それだけではなく、血流の停滞も、老化に深く関与しているといいます。

 

血液の流れが滞るようになると酸素や栄養が体に運搬されづらくなって、体への負荷が大きくなり、皮膚のしわやたるみが増します。

 

マッサージをして、細部の血管を刺激し、血液が流れやすい状態をつくることで、お肌の若返り効果が期待できます。

 

顔のマッサージを行う場合は、あごからおでこに向けて、下から上へと重力とは反対方向へのマッサージをすることがいいと言われています。

 

マッサージ時に、皮膚をこすったり、引っ張ったりしすぎるとお肌を傷めてしまうことがあります。

 

大きく口をあけて伸ばすならばいいですが、指を使う場合、肌にとっては大きな負担になります。

 

強ばってひる皮膚を揉みほぐし、血液の流れをよくするためには、偏った力をかけすぎず、そっと皮膚を扱うといいでしょう。

 

若返りのために手術をするというやり方もありますが、金銭的な負担を発生させることなくお肌の若返りを目指すなら、日々のマッサージが有効だといいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました