美容皮膚科とケミカルピーリング

美容

美容皮膚科で治療を受けて、若返りをはかることが可能です。

 

美容外科での治療は、大きなしわを治療します。

 

これに対して、ちりめんじわや小じわを目立たなくする治療を美容皮膚科で受けることができます。

 

新生する皮膚によって今までのしわを目立たなくするという、スキンリサーフェシングという方法があります。

 

古くなった角質を削る治療もあります。

 

アブレージョンという電気やすりを使う治療方法やレーザーを使う治療方法でしわを減らしていきます。

 

ケミカルピーリングといい酸などの化学薬品で削る方法もあるようです。

 

皮膚にレチノイン酸を塗ることで、若返りの治療を行うというやり方もあります。年をとれば徐々に肌の状態は変わってきます。

 

しみがまだら模様になったり、皮膚の弾力がなくなったり、黄ばんだ肌になったりします。どんなしみになるかは、個人差があります。

 

しみができた部分が盛りあがるのであれば、レーザーや液体窒素で取り除くという方法が有効です。

 

しみの部分が膨らんでいなければ、レチノイン酸をつけるという治療もあります。

 

しみの原因となっている色素沈着を治療するために、コウジ酸やハイドロキノンを患部に塗るという治療もあります。

 

老人性のしみであれば、専用のレーザーを使用して若返り治療をする場合もあります。

 

 

美容整形による若返りは果たして可能でしょうか。

 

若返りたいけど手術で皮膚を切るのは怖い、日常生活にあまり負担をかけたくないなど、メスを使うことに抵抗のある方は多いことでしょう。

 

近年では、メス不要の美容整形も増えています。美容整形をメスを使わずに行うというのは、果たしてどのような方法をとるものなのでしょうか。

 

メス不要の美容整形には、薬を注射する、特殊なレーザー光を皮膚にあてるなどの手段があります。

 

美容整形の中には、メスを入れずにできるフェイスリフトなどもあります。

 

メスを使わない若返り美容整形は、メスを使う若返り美容整形に比べると低額で行うことができます。

 

メスを使わないため、肌に手術痕が残りませんし、短時間で済むという利点があります。

 

メスを使わずにできる美容整形の効果は永続性がないものが多く、一定期間で元に戻ってしまいます。

 

レーザー光を用いて行う美容整形の場合、1度の施術では満足のいく効果が出ない場合もあります。

 

長所と短所が、メスを使わずにできる美容整形にあるといえるでしょう。

 

メス不要の美容整形で、メスを用いた美容整形と同等の効果を期待するなら、複数の美容整形を同時に受けて多角度からお肌の調子を整える必要があるでしょう。

 

美容整形は受けたいけれとせ肌にメスを入れたくないという人は、まずはメスを使わない美容整形を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました