薄毛対策としての市販のシャンプーの仕方

男性に頭皮が目立つほどの薄毛に悩みを持つ人が多いと思われているようですが、薄毛に悩みを持っている人は女性にもたくさんいます。

 

ヘアケア商品の中に、「髪は女の命」という言葉をキャッチフレーズにしたものがあります。

 

多少これは大げさかもしれませんが、たしかに間違いないのは、女性にとって髪はとても大切であるということです。

 

薄毛になってしまった場合、男性と比較すると女性がの方が大きいダメージを受けたり、薄毛をもっと悩みとして感じてしまうといえるでしょう。

 

いろいろと薄毛の原因はあり、老若男女関係ないものもありますが、薄毛には女性特有のものもあるようです。

 

一般的に男性と比較すると女性の方が髪の手入れをいろいろと行っています。

 

とくに薄毛に悩み始めてしまっていたら、ますますそうでしょう。

 

気がついていない人も多いと思いますが、それが知らない内に髪にダメージを与え、薄毛を引き起こしてしまっているのです。

 

汗をかいたり汚れてしまったりで行う過剰なまでのシャンプーや手軽にできるようになったカラーリングやパーマは髪に大きなダメージを与え、薄毛に拍車をかけ、さらに悩みを大きくする原因となることがあるのです。

 

薄毛を引き起こす原因となるものに、妊娠、出産もあります。

 

お腹の赤ちゃんに、妊娠中は栄養を送ることで、栄養が髪にまで行き届かなくなり、薄毛を引き起こしてしまうということがあります。

 

さらに、女性ホルモンの増減が、妊娠中から出産にかけて起こることで、薄毛を出産後に引き起こすことがあり、それを悩んでいるという人もいるのです。

 

実際に育毛シャンプーを使うときに大切なのが、洗髪したあとのすすぎです。

 

より長くした方がいいのが、洗う時間よりも、すすぎを丁寧にする時間のほうだそうです。

 

シャンプーの洗い残しは頭皮への刺激になり、肌荒れの原因になります。

 

吹き出物や荒れ、かゆみが頭皮について気にかかる人は、丁寧なすすぎがとくに必要です。

 

多少の洗い残しは、育毛シャンプーのようなアミノ酸シャンプーであれば気にすることはありませんが、もちろんしっかりとすすいだほうが良いといえるでしょう。

 

シャンプーを洗い流しやすくするには、お湯ですすぐ時間を長くする以外にもいくつか方法があります。

 

すすぎやすさをアップさせるためには、お風呂にゆっくり入って汗をかいたり、育毛シャンプーの前にきちんとブラッシングをしたりすることも効果があります。

 

より簡単に汚れや老廃物を取り除くことができるそうです。

 

すすぐ順番は、まず後頭部から側頭部、そして頭頂部、前頭部とすすでいきます。

 

反対の順番にすすぎをすると育毛シャンプーの泡がすすぎ終わった場所にまた流れてしまうでしょう。

 

特にすすぎ足りないことが、耳のまわりやえり足などにはあるようです。

 

育毛シャンプーを使う時には、洗髪そのものも大事ですが、すすぎもしっかり行うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました