最も紫外線強い春先の紫外線対策について

紫外線対策にとっては、身につけるならできるだけ肌を露出しないということがポイントになります。

 

真夏に黒い長袖とハイネックで完全装備をするのは難しいものです。

 

日焼け止めクリームを使って、太陽光に素肌を晒す時に紫外線からお肌を守ると良いでしょう。

 

紫外線を跳ね返す紫外線反射剤、紫外線を一旦吸収して熱エネルギーとして放出する紫外線吸収剤との2種類の成分が、日焼け止めクリームに入っているといいます。

 

紫外線を肌に届く前にブロックすることで、対策を行いましょう。

 

市販されている日焼け止めの種類も最近はたくさんあり、使う人を限定した幼児用、女性用、男性用などというものだけではないようです。

 

いろいろと種類が日焼け止めクリームにはあり、水着用、普段用、長時間用などがあげられます。

 

効率的な紫外線対策ができるのは、いったいどれなのか悩みがちですが、目安となるのはSPFとPAの値です。

 

SPF1の効果が真夏の快晴時でおよそ20分程度効果がありますが、SPFは肌を赤くする中波長の紫外線を防ぐ指標です。

 

SPFが高いほど紫外線対策効果があると言われていますが、30を越えると大差なくなるともいいます。

 

PAは肌に色素沈着を作る長波長の紫外線を防ぐ度合いです。

 

+の数で三段階表示されており、「+++」が最高ランクです。

 

紫外線対策には、日焼け止めクリームをSPTとPAを把握した上で使い分けることが重要です。

 

 

SPF値のついたファンデーションは紫外線対策効果がありますので、それでお肌を守ってもいいでしょう。

 

パウダリーファンデーションと呼ばれるファンデーションは、紫外線対策がなされています。

 

このファンデーションには、チタンや酸化鉄などの金属粒子が含まれています。

 

肌の奧にまで紫外線が到達しないよう、金属を含むファンデーションで散乱させるのです。

 

紫外線によるコラーゲン破壊作用や肌の黒化作用を防ぎ、紫外線の肌への影響を減らす効果が期待できます。

 

ただし、パウダリーファンデーションは汗や皮脂で流れ落ちた時にはつけなおす必要がありますし、ファンデーションの付け方で効果に差が生じるようです。

 

反対に紫外線吸収剤の配合されているクリームを肌に塗り込むよりも、肌への負担が少なくなるというメリットがあります。

 

敏感肌の方はお肌の紫外線対策の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

季節と関係なく、毎日のメイクには少なからずの女性がファンデーションを利用しているはずですので、そこに紫外線予防効果が加われば使いやすさが倍増します。

 

ただし、パウダリーファンデーションは金属微粒子を含んでいますので、肌に金属アレルギーがあるという方は使わない方が無難でしょう。

 

二の腕や顎など、柔らかい部分でならパッチテストができますから、まず肌の反応を確認することも大事です。おなたのお肌に適した紫外線対策ファンデーションを見つけていただきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました