入浴とシャワーの消費カロリーの違い

女性でも男性でも、ダイエットしたいと誰もが一度は思った事があるのではないでしょうか。

 

運動不足を解消したり、食事内容を見直したりと、ダイエットのやり方は多種多様です。

 

色々なダイエットのやり方がありますが、スムーズに体重を減らしたいと思っているなら、まず入浴をしっかりしましょう。

 

最近はシャワーで済ませる人が多く、湯船にお湯を張ってお風呂に入ることが少なくなりました。

 

特に一人暮らしの人であれば、お風呂が面倒だからシャワーで済ませるという人も多いです。

 

入浴時にお湯につかり、体を温めることは、ダイエットにいいのみならず、健康な体づくりにも効果的です。

 

1日の終わりは、体の筋肉が緊張した状態なので、血流も悪くなり、そうなると体内の循環が悪くなります。

 

サプリメントでダイエットにいい成分を摂取したり、運動量を増やしたりしても、血流が悪いままでは体脂肪の燃焼促進には至りません。

 

手間はかかるかもしれませんが、毎日きちんと入浴することは、健康増進効果にもなります。

 

発汗作用が働くまで、お風呂にゆっくり浸かるようにしましょう。

 

時間をかけることで、老廃物も排出されるので、お肌もきれいになるし、リフレッシュ効果があります。

 

お風呂に入るからには、ぬるめの湯にゆっくりと浸かって体を芯まで温め、ダイエットに役立てたいものです。

 

 

どうしてお腹周りにぜい肉が増えるのか、その要因をしっかり突き止めない限りはウェストダイエットをしようにも方向性が定まりません。

 

高カロリーの食事を続けていたり、運動をしないでいたために体重が多くなってしまったという人がいます。

 

他にも骨盤のゆがみや開き、リンパの流れが良くないこと、そして便秘やむくみなどいろいろな原因が考えられます。

 

ウェスト回りが太くなる原因は体重以外にもありますので、ウェストダイエットでは方針を決めることが成否をわけます。

 

骨盤は脊椎や足を支える体の重要な骨格の一つです。

 

左右非対称の姿勢を取ることが多いという人などは、少しずつ負担が積み重なって骨盤がずれていく場合があるようです。

 

骨盤は性差が大きい部位で、女性の場合は出産によって骨盤が開き、ゆるみが戻らないことがあるようです。

 

人の臓器は骨盤におさまっていますが、骨盤にずれが生じると内臓もずれて代謝に支障が出ることがあります。

 

代謝が低下すると脂肪がエネルギーとならずに皮下脂肪として溜め込まれ、ウェスト太りの原因となります。

 

他にも、女性に良くある便秘もウェストが太くなる原因のひとつです。

 

ストレスを蓄積させていたり、偏食の多い食事をしていたり、生活習慣が不規則だったりすることが便秘と関わりがあります。

 

便秘になるとお腹が大きくなり、太って見えることがあります。

 

脂肪が溜め込まれやすい性質が腹部にはあるので、せっかくダイエットがうまくいったとしても、ウェストの脂肪はなかなか落ちないという状況も起こりえるようです。

 

ウェストのダイエットを効果的に実践するためには、ウエストに特化したダイエット方法を知ることが先決です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました