リバウンドしないダイエット

せっかくダイエットを頑張ったのに、リバウンドが起きて体重が戻ってしまったという話をよく聞きます。

 

どうしてリバウンドが発生するのかを知ることで、リバウンドを起こさないダイエットが可能です。

 

ダイエットに関係が無いように思える筋肉ですが、リバウンドしないためには筋肉量を意識する必要があります。

 

食事で体内に得られるカロリーが不足すると、生きていくために必要なカロリーは、体脂肪を代謝して得ることになります。

 

エネルギー供給が滞った場合や、一度に大量のエネルギーを必要としている時には、体脂肪を燃やしてエネルギーを得ます。

 

摂取する栄養が足りないと脂肪と一緒に筋肉も減ってしまうので、ダイエットをやめた時のリバウンドの原因になってしまいます。

 

筋肉量が多いほど基礎代謝は高くなります。

 

筋肉が減れば基礎代謝は低下しますので、体内で使うことができるカロリー量も少なくなってしまうのです。

 

筋肉量が減り、基礎代謝の低い体になってしまうと、カロリー消費量が少なくなるので、ダイエットがしづらくなります。

 

筋肉量が落ちた体の状態で、食事制限をやめて元の食生活に戻ってしまうと、同じ量を食べているのに消費できるカロリーが少なくなり、リバウンドの原因となってしまいます。

 

リバウンドの原因に、ダイエットをすると筋肉が減って基礎代謝が下がることがあるならば、筋肉を減らさずにダイエットをすればいいわけです。

 

ダイエットをした後に反動によるリバウンドが発生しないようにするには、食事制限をする時には筋トレをして筋肉増強に励むようにすることです。

 

筋肉の量を維持することができれば、または増やすことができれば、食事制限をやめてもしっかりとカロリーを消費することができるので、リバウンドしにくい状態になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました