自宅での腹筋の鍛え方

下っ腹のたるみが目立ってきた人は、腹筋ダイエットをしてはどうでしょう。

 

 

鏡に我が身を映してみると、下腹のぽっこりがどうしても目につくという人がいます。

 

 

ぽっこりお腹が気になっている人は、腹筋ダイエットでお腹を引き締め、お肉を減らしてみましょう。

 

 

ダイエットでお腹を引き締めるには、3つの角度からのアプローチが大事です。

 

 

腹筋を構成している、たて、横、ななめの筋肉のことです。

 

 

腹筋を3種類の角度から鍛えることによって、お腹のダイエットを効率良く行えます。

 

 

ダンベル体操は、運動の内容を工夫することで様々な角度から筋肉を鍛えることができ、お腹のダイエットにおすすめです。

 

 

大体500グラムから2キログラムのダンベルを使って、上げたり下ろしたりができるものにします。

 

 

水を入れたペットボトルで、ダンベルの代用をすることもできます。

 

 

腹筋をたて、よこ、斜めから使う運動をダンベルを駆使して行うことで、速やかにお腹の出っぱりを引っこめることができます。

 

 

始めたばかりでは筋肉痛になることもありますが、筋肉痛がきつい時は無理をせず休み休みやることが大事です。

 

 

三方向から腹筋を鍛える運動はきついと感じるかもしれませんが、腹筋は強靭な筋肉なので意外と持ちこたえます。

 

 

お腹のたるみを引き締めるためにも、腹筋ダイエットを普段から続けてみてはどうでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました