食育アドバイザーの資格を独学🌀🌀

食育アドバイザーの資格を、独学で、勉強する方法が、知りたい人。

 

食育アドバイザーの資格を、独学で、取得することができるのか、知りたい人。

 

こんな人に、オススメの、記事となります。

 

出産後に、食育アドバイザーと、栄養学を、独学で、学んだ筆者が、栄養学を、忘れないように、1日に、必要な栄養量について、在学中に、独学で、学んだことを、記載します。

 

 

・幼児期

1日の栄養配分は、4回。

ご飯は、やわらかめに、野菜や、肉など、塊は、切ったり、潰したりして、成人よりは、小さめにする。

 

調理は、うす味にする。

 

料理は、水分は、多めにする。

 

油を使った料理にかたよらない。

 

焼き物や、揚げ物は、表面が硬くなるので、揚げ煮や、くずあんをかけて、軟らかくする。

成人期の栄養

・成人

野菜は、1日350gを目安にする。

 

緑黄色野菜を120gとる。

 

果物は、ビタミンや、食物繊維となるので、毎日、100g程度を、目安にする。

 

味つけは、うす味と、濃い味の料理を、組み合わせて、トータルで、減塩する。

 

食塩を少なくするために、食材は、大きく切ったり、調味は、最後に加えて、表面に、絡めるようにする。

 

食材や、調味料を、計量して、味付ける。

 

油を用いた料理よりも、煮物・蒸し物・茹でもの・焼き物・和え物・電子レンジ料理などに、する。

 

揚げ物は、新鮮な油で、揚げると、油切れが良い。

 

油を使いすぎないように、炒めものは、テフロン加工のフライパンを用いる。

 

汁物や、水分の多い料理(煮浸し・鍋物・スープ煮など)を、組み合わせる。

 

よく噛んで食べるように、かみごたえのある食材(ごぼう・切干大根・するめなど)や、固めに仕上げた料理を、組み合わせる。

 

食べた量がわかるよう、大皿で盛り分けるのではなく、1人分を、皿に、盛りつける。

 

食塩を、少なくするために、食材は、大きく切ったり、調味は、最後に、加えて、表面に、絡めるように、する。

 

香辛料・香味野菜・柑橘類を、利用する。

 

料理の組み合わせは、主食・主菜・副菜とする。

 

料理は主食、副菜、主菜の順に、決めるようにする。

 

脂質が、多くならないようにする。

 

乳類や、果物類を、毎日、とるようにする。

 

食塩が、多くならないように、工夫する。

 

ウィークエンドに、主菜を増やす。

 

行事食で、変化をつける。

 

・不足すると良くない栄養素

 

タンパク質(肉や魚・卵・大豆など)

 

カルシウム(牛乳や小魚や海藻など)

 

ビタミン(野菜は、たくさん種類があるので、野菜嫌いの人も、きっと食べられる野菜が、あるはず)

 

炭水化物(おかずも、忘れずに)

 

・取りすぎると良くない栄養素

 

脂肪(マーガリンなど)

 

食品ロスと食品

「飽食」といわれ、食べることには、ほとんど困らない日本は、約6割の食料品を、外国に頼る国と、言われていますが、一方で、残飯大国でもあります。

コロナウイルスの影響でさらに大きな問題となっています。

2020年に新型肺炎が世界を襲ったときには、感染症を防ぐために農家の人が畑に出られなくなったり、感染したことで農作業ができずに、収穫量が減ってしまったところもありました。

たくさんの食べ物を、輸入しながら、その多くを、捨ててしまう、日本人こそ、「もったいない。」という意識を持ち、食品ロスを、考えることが、必要です。

健康のためには、バランス良く、いろいろなものを、まんべんなく、食べることが、必要です。

ところが、最近では、このバランスが偏り、特に、野菜が、目標に達しない野菜摂取量。

 

野菜不足は、生活習慣病につながることも指摘され、vitamin・ミネラル・食物繊維などを含む野菜は、健康的な生活に欠かせないものとして、ますます、注目を、浴びています。

 

しかし、野菜は、目標値には、達していません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました